心の動き・考え方

悔しさをバネにせず楽に生きる

今日は自分にとっての学びを忘れないようにこちらに書きとめとこうと思います。

(取りとめのない文になると思うので、お時間ある方はお付き合いください。笑)

 

 

人っていくつかの行動パターンがあるというか、

何が原動力になるか・動くきっかけになるかっていうのが違うと思うんです。

 

私の場合は振り返ってみると結構『反発心』が原動力になっていました。

 

見た目からはあんまりそう見られないんですが、意外と(?)負けん気が強いようで、

人生の岐路で悔しいことが起こるたび、
『こんにゃろ~!』

『見てろよー!!』
『見返してやる(;_:)!!』
って感情が、自分を奮い立たせていました。
(そんなに表には出しませんよ。笑)

 

反対に言えば、そういう悔しい事が起こらないと多分ぐずぐずして行動に起こせなかったり、自分の人生に本気を出せなかっただろうな…と思います。
(なんてめんどくさい性格(*_*))

 

【人生の分岐点・転換期】⇒【悔しい事起こる】【反発心】⇒【行動】⇒【未来が変わる】
…が私の中でパターン化してました。

 

悔しい思いをした経験があるからこそ、自分を奮い立たせることができたし、結果人生がいい方向に進んでるし…
やっぱりある程度人生苦労というか、辛い思いをすることも必要よね…?って思っていたのですが、

 

この考えめちゃめちゃ危険(;_:)

 

実はこの悔しい思いをする現象は自分が作り出していたんです。

 

 

物事や人生を変えたいときに、ずっと【反発のエネルギー】を使ってここまでやってきたもんだから、

『変わりたいな…』
『成長したいな。』
…って時に、自分で反発心を抱くような辛い経験・悔しい思いをする経験を用意していたんです。

 

自分のやりたい事って、悔しい思いや辛い経験をしないと本当にできない?

誰かを見返すって気持ちがないと変われない?

 

そんなことはないですよね。

 

もちろん、悔しさがバネになって行動力に繋がることはそれはそれでいいと思うんです。

ただ、人によっては辛い思いや悔しい思いをすることでとってもエネルギーを奪われると思います。

私自身もかなり消耗した記憶があります。

 

だったらもっと楽に変わりたい!

 

じゃあどうすればいいかっていうと、
【反発心】を原動力にするんじゃなくて、

【素敵♡ワクワク】を原動力にする!

 

 

例えば…
何だか合わないかも…という先生でも『学ぶことがあるから』って自分をごまかして通っていたら、
【悔しいと思う言動・対応】をされたことがあったんです。
(先生は多分そんなつもりじゃなかったかもですが、私はめちゃめちゃ悔しかった、、、)

そこを最初から、
『なんか先生とのフィーリング合わないかも』と思った時点で方向転換して、
素直に『この人から学びたい♡』と思った人のところで学んでいたら、この時の悔しさは味合わなかったと思うんです。

 

【人生の分岐点・転換期】⇒【悔しい事起こる】【反発心】⇒【行動】⇒【未来が変わる】
…という行動パターンを手放して、

【人生の分岐点・転換期】⇒【これ素敵♡】【ワクワク】⇒【行動】⇒【未来が変わる】
…に変える!

 

『悔しい思いをしないと成長しない・変われない』っていう思い込みを取っ払って、もっと楽に幸せに生きる方法もあるな…と思います。

 

 

辛いことを経験したら、『それはそこに学びがあったんだな~』くらいに思って頭をすぐ切り替える。

その時の【辛い・悔しい】っていう思いを糧にしてたら、ずっとその感情に囚われる(執着する)ことになりますもんね。

 

…って色々書きながら、我ながら難しい方に、わざわざ嫌な経験をしに行って、人生を捏ね繰り回して遠回りをしてやってきたな、と感じました。笑

 

やっぱり、わざわざ嫌な経験をしない為にも『自分に素直になってワクワクする方に飛び込む』のが1番!!

 

あ!悔しい思いをすることが悪いってことじゃありませんよ。
(その時抱いた感情は大切に味わう方が後に引きずらないと思います。)

 

過去にとらわれず、今この瞬間を大切に生きることが幸せの近道なのかな…と思います。

(そしたら誰とも戦わなくていいから気持ちが楽ですよ^^♪)

 

 

だらだらと書いてしまいました…。

また昔の癖で反発心を行動力に変えようとしてしまったらこの記事を自分で読み返そう。笑

 

必要な方に今日の文章が届くと嬉しいです。

取りとめのない長い文章でしたが最後までお読みいただきありがとうございました。